«  これは楽しみ。「原作者の藤田がシリーズ構成にも携わり、うしおととらの出会いから最終決戦までが原作の勢いや雰囲気を尊重して描かれる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています