«  まずは時計の本分。樫尾社長「時計としての完成度をきっちりと、壊れにくい、はめやすい、使いやすい装着感の中で実現していきたい」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています