«  デザインする側もおさえておきたいポイント満載。「批評に参加するすべての方がちょっとした気遣いをすることで良し悪しを決める場から、ゴールに向かうための改善の場になります」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています