«  油井さん、ロボットアームでキャッチ成功! 「若田光一さんが通信役のリーダーを務め、宇宙輸送船のドッキングを宇宙側も地上側もいずれも日本人が担ったのは今回が初めて」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています