«  大村先生はイベルメクチンの特許権を放棄。「延べ10億人以上に無償提供され、失明の危機から救った」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています