«  こういう背景がわかると古典ってもっと面白いと思うの。「『枕草子』を読んだ紫式部は、そこに自分と同等の凄まじい文学的才能を感じ取ったはずです。同じことをやって勝てるのか」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています