«  二郎インスパイア、中国にもあった。「二郎が共通言語だった」「ちゃんと看板意識してて草」「レッドブルみたいに向こうのほうが成分強そう」「なんでこっちのより綺麗なんですかね」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています