«  誰が何を方面の話も、実態はどんどん進行してる気がする。「2016年は、どう届けるのかという環境が整ったうえで、『だれが』『なにを』という議論が活性化するのではないかと思う」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています