«  進化版家系と淡麗系には、今年、チャレンジしてみたい。「2016年のラーメントレンドを見逃さないためにも、今のうちにしっかりおさらいしておきましょう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています