«  世界で愛される川崎先生「他人のヒットを心から喜び、エラーも悔しさを分け合う。それこそチーム」「ネガティブでもいい。ネガティブな部分があるから人に優しくできる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています