«  能登半島の有効活用。「金沢大学では、大陸からの影響を観測しやすく国内の工場の影響が少ない能登半島の2か所にPM2.5の濃度をより詳細に観測できる設備を整え、越境汚染の実態を調べる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています