«  二郎はやはり常に何かの先を行ってた。「普通の二郎系以上に好き嫌いが分かれるとは思いますが、ハマるとやばい一品です」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています