≫  ヤマト運輸山内社長「体力を使える若者の確保が厳しいので、仕分け現場では機械化を最優先で進めている。最新の搬送機械を導入すれば、2~3割は省力化が図れる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています