«  今でも見返すと新しい発見がある。名作。「主要キャラも脇役キャラも配役完璧ってなかなかないわ」「あのころの窪塚のバイブスやばすぎ」「クドカン脚本と堤幸彦演出が抜群の相性やった」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています