«  横浜国立大学から世界へ。「医学関連の研究者と組み、3年以内の臨床研究を目指す。脱毛症の再生治療は、後頭部の毛包を移植する方法があるが、頭皮に着きにくかった」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています