«  これもキャスティングなのでよしとする。「自分の監督作品とは全く異なるスタイリッシュなエンターテインメント作品として、面白い」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています