«  これに染められちゃってるから、もうこれがあればそれでいい。→「なにゆえもがき生きるのか。滅びこそ我が喜び、死にゆく者こそ美しい。さあ我が腕の中で息絶えるがよい」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています