«  無料素材業界の改革者やな。「これからも『いらすとや』からは目が離せそうもありません」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています