«  AIIIは鬼のようにやった。テスト前もやった。「光栄とシステムソフトにより、シミュレーションゲームが全盛だったときに『A列車で行こう』という一風変わったゲームを携えて颯爽と現れたメーカー」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています