«  考えさせられる。「今回の不正引き落としは映画化待ったなしの手口の鮮やかさと同時多発性で強い印象が残る」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています