«  ウェアラブルではなく、カメラを使って歩行速度と歩幅を評価するとのこと。「介護者が被介護者の転倒を最大3週間前に予測し、必要になる前にケアと援助を用意できるようになった」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています