«  続報が待たれる。「とても日本的ともされる本作が米国でどのように受け入れられるのか、注目だ」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています