«  未来が近づいてきてる。「販売段階ではソフトウェアで機能をロックしておき、走行データの解析で安全が確認できた後OTAでロックを解除する」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています