«  栗田穣崇さん「多くの方に普遍的に使ってもらえるように、絵ではなく文字の延長線でありたいと思って作りました」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています