≫  ドンキにとっては2度めのチャレンジとなるそうです。「価格で勝負する商品に加え、どの程度、オリジナリティのある商品を提供できるかも集客のポイントになる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています