«  迷子のセミ、さびしそうな麦わら帽子、それからぼくの耳にくっついて離れない波の音。「クラムボンはかぷかぷわらったよ」「維管束覚えてないのはいかんそく」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています