«  これはありがたいまとめ。頭の整理に。「デザイン・装飾はCSSはもちろん、疑似要素・疑似クラスを利用することでさらに柔軟に表現することができます」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています