«  この辺はいろいろ難しい。「amp-iframe 要素を使うと、AMPページとは独立した任意のコードを埋め込むことができます」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています