«  まず読み物として。「既存商品をそのまま東南アジアマーケットに展開するのではなく、今ある生産ラインとデザインをゼロにして考えましょう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています