«  頭の整理に。「デザイン面だけでなくデバイスの変遷を知ることで、レスポンシブデザインの理解をより深められます」「ユーザーにとってどのようなデザインが最適なのか」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています