«  勉強になります。「ショップ自体のスタイルや作法に従うだけではなく、ユーザーの求めているトレンドや体験に対応させていくことも重要」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています