«  町田にはわりと何でもあって好き。「つまり町田は、近代日本の外貨の稼ぎ頭だった絹製品輸出ルートの、最終地横浜の一日手前の中継地だったのです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています