«  読んでおかねば。「アニメーションを理解し、より良いデザインを目指すためのヒントとして一度目を通しておいても損はなさそうです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています