«  これは悲報…。「光り輝く日本のビーズはスワロスキーですら再現できない。なのに、作る人がもういない。凝った口金もご同様。最早消えるのみだから」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています