«  これは予想された展開。都内は、桃太郎便を手がける丸和運輸機関が手掛けるとのこと。「丸和運輸機関は労働時間の管理を厳しくしながら安定した仕事量と売り上げを保証して、個人事業者を囲い込む」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています