«  続報を待っております。「災難を抱えているわりには、Uberの取締役会は選り取りみどりのようだ。ただし、取締役として留まるKalanick氏が、次期CEOを妨げなければの話だが」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています