≫  黄金比の良い所はここかも。→「意思決定するキーマンが複数いたり、デザインについて検討する人が多数プロジェクトメンバーにいる場合には有効な手段ではないか」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています