«  この辺はしっかり見ていかないといけない。「Googleがウェブページの内容を理解する必要性が増せば増すほど、構造化データが今後も続く確率は高まっていくのではないでしょうか」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています