«  販売額の5%を提示されたケースもあるとか。5%って…。「一方的な要求と受け止め反発する取引先も出ているがネット通販の浸透でアマゾンは販路として無視できない存在になっており難しい判断を迫られそうだ」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています