«  技術と使い勝手がどう追い付くか。「お客さんをアバターとして表現することで、数字の1ではなく、1人の人間として見られる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています