«  こういうのがどこまで普及するかには興味がある。「調達先であるVCやカカクコムとの連携を進めインテリアの新しい購買体験の開発にも取り組む」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています