≫  学習ガイドが日本語分と英語分があるとか。「まずは、前者の日本語資料を元に勉強し、試験を受けてみてダメだったら後者も含めて勉強してみようかなと」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています