• Category Archives: デザイン / UIUX

小学生なら誰もが使ってた懐かしのwindows『ペイント』、生成AIまで使える超進化を遂げていた – Togetter

小学生なら誰もが使ってた懐かしのwindows『ペイント』、生成AIまで使える超進化を遂げていた - Togetter
«  試さねば。「神アプデ」「凄く喜ばしいしユーティリティが進化するって興奮するけどもね」「40過ぎてから両想い発覚した地元の幼馴染みシチュくらい今更なのよ」。
    

知っておきたいPhotoshop 2024&ベータ版の最新機能7つ | PhotoshopVIP

知っておきたいPhotoshop 2024&ベータ版の最新機能7つ | PhotoshopVIP
«  生成ツール面白い。「10年以上Photoshopを利用していますが、もっとも革新的で驚いたアップデートになりなりました。Fireflyの生成AIの商用利用対応を待っていた、という人も少なくないでしょう」。
    

ゲッティイメージズ、画像生成AIツール。商用利用可 – PC Watch

ゲッティイメージズ、画像生成AIツール。商用利用可  - PC Watch
«  ダウンロードごとに無制限の補償も付帯とか。「ゲッティイメージズのライブラリ画像のみを用いて画像生成する。そのため、ライセンスなどの問題がなく、商用利用でも安全に取り扱えると謳う」。
    

Windows 11の「ペイント」大進化。26日に画像生成AIや背景除去、レイヤー機能を含むアップデート配信 | テクノエッジ

Windows 11の「ペイント」大進化。26日に画像生成AIや背景除去、レイヤー機能を含むアップデート配信 | テクノエッジ
«  試す。「レイヤー機能とは複数の階層を重ね合わせて1枚の画像を表現する手法。ペイントでもレイヤーの表示/非表示や複製、レイヤーの結合ができるように」。
    

「いらすとや」風画像を無限に生成「AIいらすとや」商用利用可に 有料サービス化 – ITmedia

「いらすとや」風画像を無限に生成「AIいらすとや」商用利用可に 有料サービス化 - ITmedia
«  月1500円とは絶妙なところを攻めてくるなぁ。「今後は同社の有料サブスクリプション(月額1480円)に登録すれば、無制限に画像を生成し、全てクレジットなしで商用利用できる」。
    

アドビ社員たちは画像生成AI機能が自社ビジネスを破壊すると本気で悩んでいる。デザイナーが減ると… | Business Insider

アドビ社員たちは画像生成AI機能が自社ビジネスを破壊すると本気で悩んでいる。デザイナーが減ると… | Business Insider
«  お、おう。「Photoshopにテキストプロンプト入力機能が実装されたことで、旧知の広告関連企業がグラフィックデザインチームの規模縮小を計画」。
    

「Photoshop」の生成AI機能、日本語で入力できるように 余白を埋める新機能も追加 – ITmedia

「Photoshop」の生成AI機能、日本語で入力できるように 余白を埋める新機能も追加 - ITmedia
«  試す。「これまでも生成塗りつぶしで余白を補完できたが、切り抜きツールをベースとしたことで、より簡単に余白部分を生成させることができ任意のアスペクト比に調整しやすくなっている」。
    

どなたでも利用できる、イラストレーション・アイコン素材集を配布します|デジタル庁

どなたでも利用できる、イラストレーション・アイコン素材集を配布します|デジタル庁
«  デジタル庁さん、がんばっとる。「曲線を用いて印象をやわらかくしたり、複数の要素を詰め込んで複雑にならないようにしたり、わかりやすいという印象を持ってもらえるように」。
    

生成画像で知財トラブルあればアドビが補償 画像生成AI「Adobe Firefly」にエンタープライズ版 – ITmedia

生成画像で知財トラブルあればアドビが補償 画像生成AI「Adobe Firefly」にエンタープライズ版 - ITmedia
«  Adobeさんらしい。「数億枚の画像(許諾取得済み)、オープンライセンスコンテンツ、著作権が失効したパブリックドメインコンテンツでトレーニングしている」。
    

写真内の不要物を塗りつぶすだけで手軽に消して自然に補正するPhotoshopの「削除ツール」を使ってみた – GIGAZINE

写真内の不要物を塗りつぶすだけで手軽に消して自然に補正するPhotoshopの「削除ツール」を使ってみた - GIGAZINE
«  例のアレ。「インテリジェントテクノロジーが不要なオブジェクトを除去、オブジェクトの整合性と背景の深度を維持しながら自動的に背景を塗りつぶしてくれる」。
    

あなたのWeb制作をサポートしてくれるWebツール13選 | BUILD ビルド

あなたのWeb制作をサポートしてくれるWebツール13選 | BUILD ビルド
«  すごい時代になったな。「PCにインストールしてあるフォントを一覧で確認することができる。利用していないフォントは何気に忘れがちで『こんなフォントあったんだ!』ということは少なくないはず」など。
    

CSSのこの新機能、すごく楽しみ! UI要素にさまざまなアニメーションを簡単に実装できるようになります | コリス

CSSのこの新機能、すごく楽しみ! UI要素にさまざまなアニメーションを簡単に実装できるようになります | コリス
«  displayが使えるようになるのか。良い感じ。「要素の表示・非表示、ポップオーバーなどのアニメーションが簡単なCSSで実装できるようになるとのことです」。
    

アドビ、画像生成AI「Firefly」の機能をプレビュー動画で披露 – CNET

アドビ、画像生成AI「Firefly」の機能をプレビュー動画で披露 - CNET
«  Premiere Proに実装されるってことか?「Fireflyが実現する能力は、処理の実行というよりもビジョンの開拓に向いており、動画の生成におけるすべての段階を通じ、実現可能な見た目やコンセプトなどをより迅速に提示」。
    

「テキストで動画編集」、Premiere Proで可能に Adobeの動画ツールに大型アップデート – ITmedia

「テキストで動画編集」、Premiere Proで可能に Adobeの動画ツールに大型アップデート - ITmedia
«  5月から、とのこと。「映像をPremiere Proが自動的に分析しテキストを生成。そのテキストをコピーして任意の順番に貼り付けるだけで、編集したいパートがタイムライン上に表示」。
    

UIデザインに必須の16の論理ルール! デザインは細部のちょっとした作り込みが使いやすさを決める | コリス

UIデザインに必須の16の論理ルール! デザインは細部のちょっとした作り込みが使いやすさを決める | コリス
«  覚えておく。「UIデザインはシンプルで論理的なルールを理解することで、情報に基づいたデザインの意思決定を効率的におこなうことができます」。
    

ChatGpt4でUI/UXの検討がどこまでできるか(①企画編) – Xtone Tech Blog

ChatGpt4でUI/UXの検討がどこまでできるか(①企画編) - Xtone Tech Blog
«  続編も出ているので読む。「出てきたものは、 もちろんあくまで叩き台なので、それらをちゃんと整理して、取捨選択したり、足りない部分を補う力ということが、とても大切になってきそうです」。
    

Adobeから著作権問題をクリアにした画像生成AIサービス「Adobe Firefly」が登場 | ギズモード

Adobeから著作権問題をクリアにした画像生成AIサービス「Adobe Firefly」が登場 | ギズモード
«  Adobeパワー、見参。「画像生成AIに感じていた『それって著作権大丈夫なの?』な部分を、Adobeパワーで解決したサービスになります。現在のベータ版はブラウザで使用できます」。
    

【CSSおじさん】CSS設計についての簡単な解説 – Da Vinci Studio Blog

【CSSおじさん】CSS設計についての簡単な解説 - Da Vinci Studio Blog
«  頭の整理に。「どの手法にも共通する役割は『分離』という点でしょう。 これはそれぞれの設計手法によって『ファイル』『パーツ』『役割の名前』で分けるという考え方が一番しっくり来るかと思います」。
    

デザイナーがChatGPTに指示されながらECサイトデザインをしてみる実験|Sakino Tomiura

デザイナーがChatGPTに指示されながらECサイトデザインをしてみる実験|Sakino Tomiura
«  まだ一長一短っぽい。「世の中で一般的に使われている画面であれば『どういう情報が必要か』をリスト化してくれるので、情報の抜け漏れをチェックするのには使えるかもしれません」。
    

ChatGPTをつかってWebランディングページを作成するコツ | PhotoshopVIP

ChatGPTをつかってWebランディングページを作成するコツ | PhotoshopVIP
«  なるほど。「もちろん、現時点では、すべてをそのまま利用できるほど完璧ではありません」「しかし、AIによる画像生成も含め、制作プロセスを、大幅に向上させてくれることは、間違いなさそうです」。
    

2023年最新版 : HTMLのheadの書き方、head内に記述する要素の総まとめ | コリス

2023年最新版 : HTMLのheadの書き方、head内に記述する要素の総まとめ | コリス
«  確認しておく。「HTMLページのhead内に記述する最小限の構成、そしてmeta要素やlink要素、ソーシャルサービス用の要素、デスクトップ・スマホのブラウザ用の要素など」。
    

アクセシビリティ対応のついでに色々やった話 – LIFULL Creators Blog

アクセシビリティ対応のついでに色々やった話 - LIFULL Creators Blog
«  勉強になります。「以前の記事ではどういったマインドでどう組織ができたか、どのように推進しているかについて話しました。今回は、いくつか技術的な副産物が生まれたのでその話をしようと思います」。
    

紅白の歌詞フォントを特定する速さを競う『紅白フォント合戦』6年ぶりの変更で界隈に激震が走る「絶対フォント感欲しい」 – Togetter

紅白の歌詞フォントを特定する速さを競う『紅白フォント合戦』6年ぶりの変更で界隈に激震が走る「絶対フォント感欲しい」 - Togetter
«  UD読みやすいんよ…。「ニューセザンヌからUD新ゴへ。初のUD書体登場にざわめき、モリサワ書体が復活となる。界隈に激震」。
    

2022年のCSSのまとめ、よく使用する新機能やプロパティや疑似クラス、人気のフレームワークや検証ブラウザなど | コリス

2022年のCSSのまとめ、よく使用する新機能やプロパティや疑似クラス、人気のフレームワークや検証ブラウザなど | コリス
«  見直す。「大きな転換期とも言えるのが、IEのサポート終了です。これにより今まで使用できなかったCSSの機能がたくさん使用できるようになりました」。
    

【総まとめ】2022年に話題になった世界ベストWebデザイン厳選50個 | PhotoshopVIP

【総まとめ】2022年に話題になった世界ベストWebデザイン厳選50個 | PhotoshopVIP
«  ほろよいが入っとる。「2022年のベスト・オブ・Webデザイン50個を厳選、ピックアップしご紹介。配色えらびやレイアウトの参考にぴったりで、デザイン制作の参考にしてみてはいかがでしょう」。
    

2022年も新しいフリーフォントがたくさんリリースされました! 2022年、日本語の新作フリーフォントのまとめ | コリス

2022年も新しいフリーフォントがたくさんリリースされました! 2022年、日本語の新作フリーフォントのまとめ | コリス
«  日本語フォント、ありがとうございます。「2022年フォント界の大きなニュースは、今年もGoogle Fontsに大量の日本語フォントが追加されたことでしょうか」。
    

2022年、もっとも注目されたUIデザインのテクニックのまとめ | コリス

2022年、もっとも注目されたUIデザインのテクニックのまとめ | コリス
«  頭の整理に。基本的なこと多いけど。「UIのデザインにちょっとした一手間を加えるだけで、クライアント、ユーザー、そしてあなた自身が本当に満足できるものを作ることができるかもしれません」。