• Category Archives: 雑学

「マリオカート」に世界から貧困をなくすヒントがあるとの論文が発表される – GIGAZINE

「マリオカート」に世界から貧困をなくすヒントがあるとの論文が発表される - GIGAZINE
«  考えさせられる。「このルールを参考に、貧しい人ほど手厚い援助が得られる助成プログラムを設計することで、貧困問題を改善に導けるのではないかとベル助教授は考えています」。
    

「かわいいは正義」が証明される。かわいい画像を見ると注意力が増すと明らかに – ナゾロジー

「かわいいは正義」が証明される。かわいい画像を見ると注意力が増すと明らかに - ナゾロジー
«  集中力が増すらしい。「もしこの効果を上手くスポーツに取り入れることが可能になれば、合間合間に、かわいい画像を見る『かわいいドーピング』が可能になるかもしれません」。
    

日本語勉強中の外国人の心を折る難読文字の数々に日本人もお手上げ…「七五三掛」「二千六百年」「十二月三十一日」など – Togetter

日本語勉強中の外国人の心を折る難読文字の数々に日本人もお手上げ…「七五三掛」「二千六百年」「十二月三十一日」など - Togetter
«  強敵と書いて『とも』。「日本人でも読めないから心配せんでいい」「日本人もだいたいふたつみっつしか知らない」「本気と書いてマジとか」。
    

カエルの細胞から最新版「生ロボット」を開発!水中で泳ぎ自己修復能力も完備 – ナゾロジー

カエルの細胞から最新版「生ロボット」を開発!水中で泳ぎ自己修復能力も完備 - ナゾロジー
«  いろいろと考えさせられる。哲学。「新たな発見は、胚の中の細胞は自分で自分を新たな「何か(皮膚細胞の塊)」に自律的に形成できる能力があることを示します」。
    

NASAが生み出して一般にも広く普及したテクノロジー15選 – GIGAZINE

NASAが生み出して一般にも広く普及したテクノロジー15選 - GIGAZINE
«  NASAがんばれ。超がんばれ。「現代における必要不可欠なツールであるノートPCは、宇宙船内で使用されるポータブルコンピューターを発祥としています」「粉ミルクも、NASAの研究から生まれたもの」。
    

「ハシブト/ハシボソ」や「カモメ/ウミネコ」など、普段よく見かける鳥の見分け方イラストがわかりやすい&かわいくて話題に – Togetter

「ハシブト/ハシボソ」や「カモメ/ウミネコ」など、普段よく見かける鳥の見分け方イラストがわかりやすい&かわいくて話題に - Togetter
«  ありがたい知見。「カラスって一様にお肉好きなのかと思ってた…新しい発見」「こうやってイラストが可愛いと不思議と覚えちゃうよね」。
    

「参勤交代」は『幕府に無理矢理やらされていた』は昔の教科書の話… イケメンやコンサルを雇い大名が見えを張り合っていた #歴史探偵 – Togetter

「参勤交代」は『幕府に無理矢理やらされていた』は昔の教科書の話… イケメンやコンサルを雇い大名が見えを張り合っていた #歴史探偵 - Togetter
«  結論はともかく地域経済への貢献は大きかったと思う。「参勤交代は大名が自発に始めたことを幕府が後から制度化したものですから」。
    

音楽の快感は「アルコールと同じ脳領域」で発生していたことが判明 – ナゾロジー

音楽の快感は「アルコールと同じ脳領域」で発生していたことが判明 - ナゾロジー
«  酒と泪と男と女は真理であったのや。「音楽を聴く前に報酬経路を刺激すると、被験者が音楽を聴くときに感じる快感が増し、反対に抑制すると快感が減少することが明らかになりました」。
    

30分も海に潜れるペンギンは血中ヘモグロビンが進化していた – ナゾロジー

30分も海に潜れるペンギンは血中ヘモグロビンが進化していた - ナゾロジー
«  大事。「ペンギンが潜水をおこなうために必要となった進化の痕跡」「ペンギンの祖先のヘモグロビンは、潜水しない鳥類の祖先が血中に持つものに比べて、容易に酸素を捕獲できるという事実を発見」。
    

なぜ鳥は進化の中で「歯」を捨てたのか? – ナゾロジー

なぜ鳥は進化の中で「歯」を捨てたのか? - ナゾロジー
«  なるほど。「歯の形成に多大な時間を要するためです。歯の形成は潜伏期間の約60%を占めており、その間に卵が食べられることも多々あったでしょう。つまり、鳥類は歯を捨てることで孵化時期を早めヒナの生存率を高めた」。
    

「フレンチトースト」の由来はフランス関係なかったという衝撃の事実「なんだってー!?」→ただし、諸説ありすぎて「全部違って全部いい状態」 – Togetter

「フレンチトースト」の由来はフランス関係なかったという衝撃の事実「なんだってー!?」→ただし、諸説ありすぎて「全部違って全部いい状態」 - Togetter
«  諸説ありとわかっただけでも。「明確な真偽はよくわかってないっぽいね」「ナポリタン的なやつかと思ってた」。
    

トマトの「尻腐れ果」ってすごい見た目だけど実はとても甘いんだよ、というお話「知らずに捨ててた」 – Togetter

トマトの「尻腐れ果」ってすごい見た目だけど実はとても甘いんだよ、というお話「知らずに捨ててた」 - Togetter
«  知らんかった…。「尻腐れ果はカルシウム不足。カルシウム不足はトマトに水をいっぱいあげないと起こってしまいます。しかし少ない水で栽培する事でトマトは甘くなります」。
    

イギリス沖に「空飛ぶ船」が出現?モノが浮いて見える「上位蜃気楼」の仕組みとは – ナゾロジー

イギリス沖に「空飛ぶ船」が出現?モノが浮いて見える「上位蜃気楼」の仕組みとは - ナゾロジー
«  見たい。「仕組みは先ほどと反対で、上暖下寒の大気層のために、観察者とモノの間を結ぶ光が上向きに凸の弧を描きます。その結果、モノが実際の位置より上方に見えてしまうのです」。
    

もっと大きなウサギがいない理由を解明 他の草食動物が進化を抑圧していた?(京都大学) – ナゾロジー

もっと大きなウサギがいない理由を解明 他の草食動物が進化を抑圧していた?(京都大学) - ナゾロジー
«  まあデカいと食われるやろしな。「つまり、ウサギにとっては、目の上のタンコブとなる動物がやっと消えたと思ったら、すぐに別のタンコブが現れるといった状態です」。
    

パッタイの歴史 – 人工的に作られたタイの国民料理 – 歴ログ

パッタイの歴史 - 人工的に作られたタイの国民料理 - 歴ログ
«  知らんかった。「新たに考案された料理が国民料理として時の独裁者により押し付けられるも、次第に国民の間にも浸透し、その食べやすさから国際的にも認められ代表的地位になってしまい、文字通りの国民料理に」。
    

「カニ」への進化を繰り返した甲殻類の系譜が明らかに! タラバガニがヤドカリに分類される理由 – ナゾロジー

「カニ」への進化を繰り返した甲殻類の系譜が明らかに! タラバガニがヤドカリに分類される理由 - ナゾロジー
«  これは良い事例。未だ収斂に至らず。「当事者となった甲殻類(カニとヤドカリ)たちは独自にカニの姿を5回『発明』し、カニ型からの脱却を7回『初体験』した」。
    

ネズミも他者の痛みを理解できる、ただしおやつが増えると自分を優先する – GIGAZINE

ネズミも他者の痛みを理解できる、ただしおやつが増えると自分を優先する - GIGAZINE
«  結論付けるのは早いと思うが、ひとつ興味深い話題ではある。「私たちが仲間の人間に危害を加えないようにしている道徳的動機は進化の早い段階で獲得したものであることが示されています」。
    

水滴が「ぽちゃん」と跳ね上がるメカニズムの研究 重力の20倍の力で水面に引き戻されていた – ナゾロジー

水滴が「ぽちゃん」と跳ね上がるメカニズムの研究 重力の20倍の力で水面に引き戻されていた - ナゾロジー
«  表面張力!「注目したのは表面張力でした」「大量の液体に対して表面張力が与える変形能力はわずかですが、水滴のように小さなスケールにとって影響力は絶大です」。
    

イカには自制心が備わっていることが判明、無脊椎動物では初 – GIGAZINE

イカには自制心が備わっていることが判明、無脊椎動物では初 - GIGAZINE
«  イカは目が良いってのもあると思う。「カラスやチンパンジーは自制心があると示されています。一方で新たな研究では、イカもマシュマロ実験に成功したとのこと。無脊椎動物であるイカが自制心を示したことは驚き」。
    

馬サイズの「中型恐竜」が存在しなかった理由をついに解明! – ナゾロジー

馬サイズの「中型恐竜」が存在しなかった理由をついに解明! - ナゾロジー
«  言われてみれば!「研究者たちが、卵からうまれた大型種の子どもの毎年の生存率を予測した結果、成長中の大型種の子どもが、まるで地域全体の中型種のように振る舞うことを発見したのです」。
    

トップバリュのウイスキーラベルの衝撃的な表示にもう笑うしかない「こんな仕掛けだったのか」 – Togetter

トップバリュのウイスキーラベルの衝撃的な表示にもう笑うしかない「こんな仕掛けだったのか」 - Togetter
«  酒の歴史は酒税法との闘いやからね。「日本のウイスキーの基準はあくまでも酒類に課税するための基準なので、『酒税法上のウイスキー』。なにも間違ってはいない」。
    

「糸を垂らして地上に降下する」ナメクジの新行動を発見 – ナゾロジー

「糸を垂らして地上に降下する」ナメクジの新行動を発見 - ナゾロジー
«  この行動は強い。「最新研究によると、ナメクジは尾先の方からスライム状の糸を垂らして、地上に降下するという。まるでS.W.A.T.部隊のようですが、学問的には初めて報告された行動とのことです」。
    

人類は遺伝的に「酒飲み」になる運命だった?1億年前に隠された生物進化の秘密 – ナゾロジー

人類は遺伝的に「酒飲み」になる運命だった?1億年前に隠された生物進化の秘密 - ナゾロジー
«  大事なことなので、いつかもう一回卒論書き直したい。「果実を好む哺乳類の中でも、エタノールの匂いを嗅ぎ分けて栄養豊富なものを見つけられる種が生存に有利になりました」。
    

明治時代初期の金閣寺・清水寺などの超レア写真!「焼失前金閣寺が貴重」「まだ江戸時代の世界」「『るろ剣京都編』そのもの」 – Togetter

明治時代初期の金閣寺・清水寺などの超レア写真!「焼失前金閣寺が貴重」「まだ江戸時代の世界」「『るろ剣京都編』そのもの」 - Togetter
«  元ブログも良かった。「なんて美しいんだ」「色気ありまくり」「上手く言葉に出来ないほどの感嘆とどこか懐かしさを感じる」。
    

氷の上を滑れる理由が150年ぶりに解明される!マイナス7℃の氷がもっとも滑る – ナゾロジー

氷の上を滑れる理由が150年ぶりに解明される!マイナス7℃の氷がもっとも滑る - ナゾロジー
«  水の層やと思っとった…。「氷の上を滑るときには表面に溶けた『水の層』が作られるとする説は150年前(1886年)から言われてきましたが、どうやら間違いだったようです」。
    

ソフトクリーム型の殻をもつ「奇妙な新種アンモナイト」を北海道で発見! – ナゾロジー

ソフトクリーム型の殻をもつ「奇妙な新種アンモナイト」を北海道で発見! - ナゾロジー
«  エゾセラス・エレガンス。韻も踏んでいる。「意味は、ラテン語で『蝦夷地の優雅なアンモナイト』とのこと。また、エゾセラス属の新種発見は、1977年以来、44年ぶりの快挙となりました」。