• Category Archives: 雑学

液体の沸騰と凍結が同時に起こる現象がとても興味深い!なぜこんなことに?「初めて見た」「笑いながら怒る竹中直人みたい」 – Togetter

液体の沸騰と凍結が同時に起こる現象がとても興味深い!なぜこんなことに?「初めて見た」「笑いながら怒る竹中直人みたい」 - Togetter
«  これはすごい。「三重点を初めて見たかもしれない…」「リアルで見られるのが嬉しい!すごい!」「フリーズドライの原理ね」。
    

ハサミムシの母の最期はあまりにも壮絶で尊い|東洋経済オンライン

ハサミムシの母の最期はあまりにも壮絶で尊い|東洋経済オンライン
«  カアチャン…。「ハサミムシは肉食で昆虫などを餌にしている。しかし、孵化したばかりの幼虫は獲物を獲ることができない。幼虫たちは空腹に耐えながら甘えてすがりつくかのように母親の体に集まっていく」。
    

サツマイモに黒いシミのようなものがついてたりしない?整腸作用のある「ヤラピン」という成分なんです「蜜だと思ってた」「今度から喜んで食べる」 – Togetter

サツマイモに黒いシミのようなものがついてたりしない?整腸作用のある「ヤラピン」という成分なんです「蜜だと思ってた」「今度から喜んで食べる」 - Togetter
«  いいぞヤラピン。「ヤラピン=蜜ではない」「ただヤラピンが多く出る芋は甘いものが多い(気がする)」。
    

「コーヒーは自由」だとわかる世界各国のユニークなコーヒーの飲み方まとめ – GIGAZINE

「コーヒーは自由」だとわかる世界各国のユニークなコーヒーの飲み方まとめ - GIGAZINE
«  可能性はいつだって無限よ。「世界各国ではその土地に合わせ独特に進化したコーヒーが存在、卵・チーズ・ハーブなど、さまざまな材料を使用するユニークなコーヒーの数々」。
    

食べなくても味がする!? 電気刺激で味覚を与える技術の登場に「ダイエットや減塩に役立ちそう」 – ねとらぼ

食べなくても味がする!? 電気刺激で味覚を与える技術の登場に「ダイエットや減塩に役立ちそう」 - ねとらぼ
«  もっとやっちゃってください。「この研究は、明治大学宮下芳明研究室と東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター、大阪大学前田太郎研究室が合同で行ったもの」。
    

江戸時代の町民「ご飯のおかずで番付組んだ」|暇人速報

江戸時代の町民「ご飯のおかずで番付組んだ」|暇人速報
«  中ほどに読み方の例もあります。「受け継がれるスピリット」「魚類軍VS精進軍で対立煽りもしてて草」「魚類軍VS精進軍で対立煽りもしてて草」「江戸ジャパンの識字率は同時代の世界でダントツぶっちぎりでトップ」。
    

200年前にほぼ完璧な日本地図測量した伊能忠敬って凄すぎるやろ | 不思議.net

200年前にほぼ完璧な日本地図測量した伊能忠敬って凄すぎるやろ | 不思議.net
«  嘉門達夫先生を思い出す世代。「岩手以北が若干ずれた以外はほぼ完璧やん」「当時の人は磁北を知らなかったや。だから北に行くほどズレる」「アナログの底力」「努力の天才の頂点」。
    

フィンランドの海岸を「氷の玉」が埋め尽くす…世にも珍しい現象 : らばQ

フィンランドの海岸を「氷の玉」が埋め尽くす…世にも珍しい現象 : らばQ
«  謎のタピオカ感…。「海上の氷が海岸に打ち寄せられる際に、重なり合って角が削られて球体になるのだとか」「海岸の形状や水温変化など、様々な条件が重なったときだけ起こる、非常にまれな現象」。
    

初音ミクの1000年先を行くウェールズ – Togetter

初音ミクの1000年先を行くウェールズ - Togetter
«  ユニオンジャックができたとき、すでにイングランドになっちゃってたとかでね。もったいない。「ネギとドラゴン買っちゃった」「知的好奇心が満たされている」「全国のネギ農家の皆様、3位決定戦のウェールズを応援しましょう」。
    

「日本人は潜在的にタピってた…」便利な無洗米を生産する工場ではお米をタピオカで研いでいた→驚くべきタピオカ技術があった – Togetter

「日本人は潜在的にタピってた…」便利な無洗米を生産する工場ではお米をタピオカで研いでいた→驚くべきタピオカ技術があった - Togetter
«  T・W・R!T・W・R!「特許もあって業界では有名な技術らしい。右がタピオカで研いだ無洗米。表面の細胞が壊れてない。すごい」。
    

ジンベエザメの口内に新種のヨコエビ発見 広島大研究グループ | NHKニュース

ジンベエザメの口内に新種のヨコエビ発見 広島大研究グループ | NHKニュース
«  ヨコエビのたくましさよ。「ジンベエザメの口に偶然に入ったものが進化して、口の中で生息するようになったのだと考えている。どんなところにも住むという生物のたくましさを改めて感じる」。
    

北斎のライバル!? ゆる絵師・鍬形蕙斎の描く絵が最高にかわいい – いまトピ

北斎のライバル!? ゆる絵師・鍬形蕙斎の描く絵が最高にかわいい - いまトピ
«  あー、ゆるくてふわふわー。「実は蕙斎、今では知る人ぞ知る絵師となってしまいましたが、当時は『北斎嫌いの蕙斎好き』と言われるほど、葛飾北斎と肩を並べる人気絵師だったのです」。
    

炭酸飲料のウィルキンソンが実は日本生まれの飲み物だと知ってびっくり「まじで!? 兵庫?」「外国のだと思ってた」 – Togetter

炭酸飲料のウィルキンソンが実は日本生まれの飲み物だと知ってびっくり「まじで!? 兵庫?」「外国のだと思ってた」 - Togetter
«  ブラタモリで、この辺、ちょっと触れてなかったかしら。「ラベルにちゃんと書いてあるんよ。兵庫生まれ」「元々はウヰルキンソンだからね」。
    

源氏物語で最古の写本発見 定家本の1帖「教科書が書き換わる可能性」|京都新聞

源氏物語で最古の写本発見 定家本の1帖「教科書が書き換わる可能性」|京都新聞
«  鑑定に協力した京都先端科学大の山本淳子教授(平安文学研究)、きてます。みんな大好き山本淳子さん。「細部に相違が見られ、研究が進むと、教科書の表現が書き換わる可能性はある」。
    

日本の昔ばなしを海外に伝えたちりめん本 The Japanese Fairy Tales が美しい – PhotoshopVIP

日本の昔ばなしを海外に伝えたちりめん本 The Japanese Fairy Tales が美しい - PhotoshopVIP
«  良いものだ…。「今で言うところの『英会話教材』だったようです。同時に、日本画の美しさは異国情緒あふれるNIPPONのお土産として外国人にも愛されました」。
    

1日に400kmも飛ぶことができるハゲワシが国境を決して越えない理由とは? – GIGAZINE

1日に400kmも飛ぶことができるハゲワシが国境を決して越えない理由とは? - GIGAZINE
«  そういう話になるのね…。「スペインでは牛の死体はそのままにされる風習ですが、ポルトガルでは牛の死体はかならず埋めたり焼却したりして処分することが法律で義務づけられています」。
    

なぜアップルパイはアメリカを象徴するお菓子になったのか – 歴ログ

なぜアップルパイはアメリカを象徴するお菓子になったのか - 歴ログ
«  なるほど。「アメリカ中西部はやせた土地が多く、トウモロコシや麦の栽培に向かないところでは盛んにリンゴが栽培されました。 アップルパイは、伝統食であり、おふくろの味でもあり、守り続けるべき味」。
    

なぜタコは「無脊椎動物界のスーパースター」と呼ばれるのか? – GIGAZINE

なぜタコは「無脊椎動物界のスーパースター」と呼ばれるのか? - GIGAZINE
«  私は蛸になりたい。「タコは生物の中心として機能する脳があるだけではなく、個々の触手にもニューロンの集合体があることがわかっており、『分散型ネットワーク』ともいえる神経系を有しています」。
    

海外文学の「コケモモ」が実際はコケモモではなかったことにショックを受ける人たち – Togetter

海外文学の「コケモモ」が実際はコケモモではなかったことにショックを受ける人たち - Togetter
«  な、なんだってー!!「ベリーはとりあえず何でもだったとは…」「クランベリーも、ブルーベリーも、リンゴンベリーも、カウベリーも、ビルベリーも、全部コケモモ疑惑…」。
    

なぜガイルはアメリカ人に絶大な人気があるのか

なぜガイルはアメリカ人に絶大な人気があるのか
«  歴ログさんの本気を見た。アメリカに待ちガイルという概念はあるのだろうか。「深読みしすぎかもしれませんが、ガイルの人気にはすでに失われた理想のアメリカ、普通に働き幸せを得られた時代への哀愁もあるのかもしれません」。
    

タバスコの瓶って、なんかオシャレだよね→元は香水の空き瓶だった – Togetter

タバスコの瓶って、なんかオシャレだよね→元は香水の空き瓶だった - Togetter
«  これは知らなかった…。タバスコは偉大。「1滴ずつ出るのも香水の名残りだった」「タバスコは中の液体が振らないと出ない仕組み」「ちゃんと洗わないと顔面しにそうだけど」。
    

「空港の滑走路を見ると地球上の風の動きがよくわかる」ことを証明する世界地図「Trails of Wind」 – GIGAZINE

「空港の滑走路を見ると地球上の風の動きがよくわかる」ことを証明する世界地図「Trails of Wind」 - GIGAZINE
«  面白い試み。「滑走路は基本的に風向に従って設計されているようですが、風の方向が一定ではない地域では、複数の方向に滑走路を設計するパターンも存在します」。
    

数学クラスタに、ホールケーキを切らせるとこうなる…けど「どうやって切ればいいんだよ」「大嫌いな数学に笑わされるとは」 – Togetter

数学クラスタに、ホールケーキを切らせるとこうなる…けど「どうやって切ればいいんだよ」「大嫌いな数学に笑わされるとは」 - Togetter
«  最優秀賞は六芒星切り。「頭いい人が全力でふざけてる感がイイ」「暇を持て余した神々の遊び」「四等分線のやつ普通にライフハック」。
    

「~かしら」は女言葉っぽいけど、藤子・F・不二雄作品では男も使うね⇒「夏目漱石も」「元は『~か知らん』だね」「なぜ、いつ女言葉になった?」 – Togetter

「~かしら」は女言葉っぽいけど、藤子・F・不二雄作品では男も使うね⇒「夏目漱石も」「元は『~か知らん』だね」「なぜ、いつ女言葉になった?」 - Togetter
«  普通に使うかしら。「分かる」「私(男子)もよく使うかしら?」「ポプラ社版の江戸川乱歩シリーズでもよくありました」。
    

「昔のカルピスは飲んだら口の中に白い塊が出来ていたけど、最近は出来なくなったの知ってます?」その豆知識に感動する人々 – Togetter

「昔のカルピスは飲んだら口の中に白い塊が出来ていたけど、最近は出来なくなったの知ってます?」その豆知識に感動する人々 - Togetter
«  夏が来れば思い出す。「たしかに…カルピス、恐ろしい子…」「こだわって作ってるんやな」「出来ないとそれはそれで寂しい」。