• Category Archives: 雑学

木星の月、一気に増えた 米チームが12個発見 – 共同通信

木星の月、一気に増えた 米チームが12個発見 - 共同通信
«  占星術師が困る案件。「衛星の中には、逆向きに回る他の衛星の通り道を横切る『変わり者』もいた。研究者は『いつか正面衝突するではないか』と心配している。冥王星に代わる『第9惑星』を探していてたまたま見つけた」。
    

動物の足で足首を膝と誤解することがよくある為、人間の足を他の動物の足の骨ベースに描いたイラストがキモ分かりやすいと話題に – Togetter

動物の足で足首を膝と誤解することがよくある為、人間の足を他の動物の足の骨ベースに描いたイラストがキモ分かりやすいと話題に - Togetter
«  ペンギンさんもよろしく。「こういう解説大好き」「頭ではわかっていたことが実感としてよくわかりました」「人間が逆に変なのか…」。
    

コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明 | ナショナルジオグラフィック

コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明 | ナショナルジオグラフィック
«  つまり、ニュートロンジャマーキャンセラー搭載機ってことか(違 「コウモリの反響定位を欺くさまざまな戦略があり、各種のガがその似たような戦略を独自に編み出したように思われる」。
    

パイロット向け 航空関連で役立つリンク10選 – カラスのノート

パイロット向け 航空関連で役立つリンク10選 - カラスのノート
«  ひこーきクラスタ向け。父親が喜んでいるのでメモ。「実際にパイロットが使用する役に立つウェブサイトなどを紹介していこうと思います。実際に使っている状況や解説に関しても書いています」。
    

ヒット曲はますますヒット、鳥で判明、最新研究 | ナショナルジオグラフィック

ヒット曲はますますヒット、鳥で判明、最新研究 | ナショナルジオグラフィック
«  これは興味深い。同調バイアスは人間以外にもあるということで。「どんな歌でも学習されるわけではなく、頻繁に歌われる歌だけが学習されることを示すことができました」。
    

水滴の「ぽちゃん」という音、発生の仕組みついに解明:AFPBB

水滴の「ぽちゃん」という音、発生の仕組みついに解明:AFPBB
«  必殺技のメカニズムっぽさがある。「振動する気泡が放つ音波は、これまで考えられていたように単純に水面から空気中に抜けるのではなく、穴の底の水面そのものを振動させ、音波を空気中に送り出すピストンのように働く」。
    

鯛を捌いたら骨にコブみたいなものを発見!これって実は…という話「激流を生き抜いた勇者の証」 – Togetter

鯛を捌いたら骨にコブみたいなものを発見!これって実は…という話「激流を生き抜いた勇者の証」 - Togetter
«  めで鯛に加えまして。「骨格が変わるんだね、すげぇな激流と戦ってたんだなこの鯛…ロマンだ」「激動の鯛生を讃えつつ行き着く先は刺身とあら汁鯛茶漬けです。うめぇ」。
    

ホテルのベッドに敷いてある細長い布、あれ何なの?邪魔じゃない?→文化の違いにより日本人には理解しづらい理由があった「ただの飾りかと思った」 – Togetter

ホテルのベッドに敷いてある細長い布、あれ何なの?邪魔じゃない?→文化の違いにより日本人には理解しづらい理由があった「ただの飾りかと思った」 - Togetter
«  知らなかった…。「初めて知った。いつも疑問だったから嬉しい」「非常に納得」「文化の違いというものでしょうか」。
    

ウマが人の行動を認識するのは「声」と「表情」の関連から | NHKニュース

ウマが人の行動を認識するのは「声」と「表情」の関連から | NHKニュース
«  競馬界の人が良く言うてるヤツやな。実証になるんかな。「ウマの家畜化の歴史は5000年を越えるとも言われ、徐々に人のコミュニケーションのしかたを理解してきたと考えられる」。
    

「氷水に氷が浮くのは異常」実はヤバすぎる液体「水」の不思議な性質とは – ねとらぼ

「氷水に氷が浮くのは異常」実はヤバすぎる液体「水」の不思議な性質とは - ねとらぼ
«  水、すごい。確かに深海は氷の世界にはなってない。「『氷水に氷が浮いている』というのは、夏にはよくある光景。しかし、これは水の特異な性質を示す一例として知られています」。
    

3.11の教訓として、山の動物が半狂乱で逃げていったらヤバいんだけど「キジ」だけは信じなくていい→その理由 – Togetter

3.11の教訓として、山の動物が半狂乱で逃げていったらヤバいんだけど「キジ」だけは信じなくていい→その理由 - Togetter
«  ああ、「飛ばし記事」が素晴らしかったので。「そう!あいつらマジで大げさだから腹立つんよな」「信じられるのは味だけ」「つまり飛ばし記事だと」。
    

パソコンのキーボードは、なぜABC順・五十音順ではないのですか|ことば研究館

パソコンのキーボードは、なぜABC順・五十音順ではないのですか|ことば研究館
«  わかりやすい解説。甥っ子にこれで説明しよう。「初期のタイプライターではABC順を元にしたキー配列だったが、たくさんの人がその時その時の変更を加えていくうちに現在のパソコンのキー配列になった」。
    

愚者の金と呼ばれる鉱物「黄鉄鉱」が採掘される場面にワクワクが止まらない人々 – Togetter

愚者の金と呼ばれる鉱物「黄鉄鉱」が採掘される場面にワクワクが止まらない人々 - Togetter
«  テセラックってこういう…。「天然の鉱石とは思えないド直線」「黄鉄鉱ってロマンの塊だよね」「昔の人が見たら神か悪魔が作ったとしか考えられなかったのでは」。
    

【下克上】奴隷が反乱を起こして打ち立てた「奴隷国家」 – 歴ログ

【下克上】奴隷が反乱を起こして打ち立てた「奴隷国家」 - 歴ログ
«  いろいろとなるほど。「(奴隷王朝のはじまり等は)あくまで奴隷出身ということであって、現役の奴隷というわけではありません。では、現役の奴隷が蜂起して自分たちの国を作ってしまったことはあったのでしょうか」。
    

若者ことばの「やばみ」や「うれしみ」の「み」はどこから来ているものですか | ことばの疑問 | ことば研究館

若者ことばの「やばみ」や「うれしみ」の「み」はどこから来ているものですか | ことばの疑問 | ことば研究館
«  わかりやすくありがたいテキスト化。「単なる名詞化ではなく実感を伴った名詞化であるということ。『―み』が勢力を拡大した理由はこのような点に求めることもできそう」。
    

そら人魚伝説できるわ。数々の船員たちが人魚と見間違ったシロイルカ。その理由はわき腹の肉にあった。 : カラパイア

そら人魚伝説できるわ。数々の船員たちが人魚と見間違ったシロイルカ。その理由はわき腹の肉にあった。 : カラパイア
«  これはなるほど。画像加工したんかと思ったわ。「彼らが人魚と見間違われる理由は脇腹あたりにある肉のせいだ。これがまるで人魚の脚のように見えるのだ」。
    

ビール愛好者が作った世界の6つのビール政党 – 歴ログ

ビール愛好者が作った世界の6つのビール政党 - 歴ログ
«  な、なんだってー!!「美味しいビールを飲みながら政治談義をすることは、結社と表現の自由、知的活動、高い生活水準の象徴である」「一見正しそうに見える政策や制度でも、アメリカの政治の大部分は間違っている」。
    

日本全国の「赤色立体地図」が見放題、国土地理院がウェブで公開 – INTERNET Watch

日本全国の「赤色立体地図」が見放題、国土地理院がウェブで公開 - INTERNET Watch
«  週末が捗ってしまう。「赤色立体地図とは、地形の立体表現手法の1つで、傾斜量を赤色の彩度で、尾根谷度を明度にして調整。従来の地形表現手法にあった方向依存性などの欠点を克服」。
    

メルカトル図法によって小さいと思っていた日本ですが、実はデカかった事が判明!?驚きのTL – Togetter

メルカトル図法によって小さいと思っていた日本ですが、実はデカかった事が判明!?驚きのTL - Togetter
«  某世界の五大文明先生から習った記憶が…。「普段見ている地図だと小ちゃいですもんね」「周りが中国とかロシアとか大きい国が目立つしな」「デカいというか長い」。
    

ライブハウス、法律上は「飲食店」 1ドリンク制をめぐる誤解を弁護士が斬る – 弁護士ドットコム

ライブハウス、法律上は「飲食店」 1ドリンク制をめぐる誤解を弁護士が斬る - 弁護士ドットコム
«  なるほどねー。「飲食がメインで、ライブは集客の手段なんです。だから『興行場』にはあたりません、という興行場法の適用を回避する言い分を確保するためのもの」。
    

領土をガッツリ奪った世界史のえげつない講和条約(後編) – 歴ログ

領土をガッツリ奪った世界史のえげつない講和条約(後編) - 歴ログ
«  それは本当に思います。「『えげつない条約』は後々様々な災いの種を巻くのは歴史が証明しているわけですし、今後は『これはえげつない』と言われるのは歴史の中だけにしてほしいものです」。
    

『馬・車輪・言語』 ステップを駆けたライダーたちがこの世界にもたらしたもの – HONZ

『馬・車輪・言語』 ステップを駆けたライダーたちがこの世界にもたらしたもの - HONZ
«  ヤバい。読みたい。「印欧祖語の話し手はすでに車輪付きの乗り物を使用していたと考えられる。加えて、印欧祖語の原郷たるステップでは、馬の家畜化と騎乗が始まっていたと著者は考える」。
    

とあるチューリップ、その名前が衝撃的で笑いを誘ってくる「これは強い」「何でそんな名前に(笑)」 – Togetter

とあるチューリップ、その名前が衝撃的で笑いを誘ってくる「これは強い」「何でそんな名前に(笑)」 - Togetter
«  本日の出オチ画像シリーズ。ガチで噴きました。「ウホッ!?」「心が優しいとか…そういう…?」「チューリップの品種ってスタンド名みたいなの多いよな」。
    

アマガエルとアオガエルの見分け方が分かりやすいうえめっちゃ可愛い「知らなかった」「ありがたい」 – Togetter

アマガエルとアオガエルの見分け方が分かりやすいうえめっちゃ可愛い「知らなかった」「ありがたい」 - Togetter
«  これはわかりやすい。意識してませんでした…。「うぉめっちゃかわいい」「別人だったのか」「一律アマガエルやと思ってたわ」「青いアマガエルは実在する」。
    

戦前までご飯は大盛りで食べるのが普通だった – Togetter

戦前までご飯は大盛りで食べるのが普通だった - Togetter
«  大盛りの歴史。個人的には昭和までは確実に普通やったんやけど…。「半人前のことを『一合野郎』と言って罵ってたみたいですね>江戸時代」「沢庵の消費はずば抜けて多かった」「自然な生活ぶりが地味だけど大切」。
    

窒素固定のために菌と共生してきた植物が過去に何度も関係を解消していたことが明らかに – GIGAZINE

窒素固定のために菌と共生してきた植物が過去に何度も関係を解消していたことが明らかに - GIGAZINE
«  なるほど。条件次第ってことね。「水やリンなどの利用条件が変わると、菌との共生コストが割に合わなくなり、共存関係の解消を植物が選択することがあるというわけです」。
    

領土をガッツリ奪った世界史のえげつない講和条約(前編) – 歴ログ

領土をガッツリ奪った世界史のえげつない講和条約(前編) - 歴ログ
«  キュチュク・カイナルジ条約とヤッシー条約とサン・ステファノ条約が今でも頭から離れない。「今では考えられないような、えげつない領土の分捕りが行われてきました。それらを定めた国際条約を見て行きたい」。
    

「音楽が勝手に脳内再生される現象」の名前、知ってる? – ねとらぼ

「音楽が勝手に脳内再生される現象」の名前、知ってる? - ねとらぼ
«  ドラクエの呪いの音楽とかは良く鳴る。あと、ゼビウスのアレも。「個人的な体験であるため『起こりやすい曲TOP10』のような明確なリストを作るのは難しいものの現在のヒット曲に偏る傾向が見られるそうです」。
    

ポッカコーヒーの顔缶は1987年に、ビスコ坊やは82年に大切な何かを失っている→デザインの変化に時代の流れを感じる – Togetter

ポッカコーヒーの顔缶は1987年に、ビスコ坊やは82年に大切な何かを失っている→デザインの変化に時代の流れを感じる - Togetter
«  知らなかった…。「くるんてやつですね」「時代の流れで髪型変えてたんですねー」「言われるまで何が変わったのか全く分からなかった…」。