座りっぱなしの生活が健康だけではなく人格にも大きな影響を与えるという研究結果 - GIGAZINE
«  みんな、すまんやで…(笑)。「生活の中で座りっぱなしの時間が多い人は、外向性・調和性・開放性が低下しやすい」「社会的相互作用や社会的・宗教的志向の傾向が低下する可能性」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています