「オレ、もう投げられない」金足農業・吉田、マウンドで仲間に告げていた|なんJ PRIDE
«  まずはお疲れさま。ゆっくり休んでください。「傷だらけのエース」「1回の暴投あたりでもうすでにアップアップ感あった」「この手の快進撃には必ず投手の酷使が代償となるものだからね」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています