耳栓型の双方向翻訳機WT2が1月に発売、リアルタイム翻訳の実現も近い | TechCrunch
«  これがうどんの未来か。「現在は、翻訳に遅延がある。話終わってから数秒後に、相手の耳に翻訳が行く。でも、発売までにはリアルタイム翻訳に近い性能にしたい、と同社は言っている」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています