ひそかに行われた「IE6暗殺計画」が成功したわけを当時の開発者が語る - GIGAZINE
«  読み物としては面白い。「まだIE6のシェアが18%もあった2009年当時、『IE6のサポートをやめるべきではない』と命じられていたために苦行を続行せざるを得ない状況が続いていた」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています