ドラクエの映画が物議を醸す中、ある実写映画が話題になる「肌の綺麗さと尻の形の良さ」「鈴木亮平の怪演作品」 - Togetter
«  おいなりさんの意味さえ変わってしまう。「愛が違う!」「最初から最後まで愛たっぷりすぎて好評であった伝説の映画ッ!」「こういうのでいいんだよの最高峰」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています