検索結果での荷物追跡機能のアーリーアダプターをGoogleが募集 | 海外SEO情報ブログ
«  今でも配送番号打ち込んじゃうしな。「それぞれのサイトに訪問するのではなく、検索結果で状況を確認できるのはユーザーにとっては非常に役立ちそうです。配送業者さんにはぜひ対応してほしいものです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています